FC2ブログ
WELCOME!

Ito Akira

Author:Ito Akira
ピアノを弾くサックス吹き 伊藤晃のBlogです。


◆◇今後の演奏情報◇◆

◆◇2018 / 12 / 5 (水)
夜8時〜2 stage
@YokohamaジェイズCLUB
MC ¥12,000
[出演] saya(Vo) あや乃(Vo)
伊藤晃(Pf,Sax)

◆◇2018 / 12 / 12 (水)
夜8時〜2 stage
@YokohamaジェイズCLUB
MC ¥12,000
[出演] CINDY(Vo) shinobu(Vo)
あや乃(Vo) 伊藤晃(Pf,Sax)

◆◇2018 / 12 / 19 (水)
夜8時〜2 stage
@YokohamaジェイズCLUB
MC ¥12,000
[出演] CINDY(Vo) shinobu(Vo) saya(Vo) 伊藤晃(Pf,Sax)

◆◇2018 / 12 / 24 (月)
開演 16:00
@七里教会(埼玉県)
[出演] 長谷恵郁(Soprano)、伊藤晃(Pf,Sax)
[プログラム]クリスマスキャロル、詳細未定

◆◇2019 / 3 / 17(日)
増山佳菜 クラリネット リサイタル
田端 Mスタジオ
[出演]増山佳菜(cl) 伊藤晃(pf)
[プログラム]サン=サーンス/クラリネットソナタ
シューマン/幻想小曲集
ブゾーニ/コンチェルティーノ
アイアランド/幻想ソナタ

◆◇2019 / 3 / 21 (祝日)
@池内総合会館(大阪、河内天美駅より徒歩3分)
[開演時間、入場料]詳細未定
[出演] 伊藤晃(Sax、Pf)、竹内愛未(Pf)
[プログラム] ベートーヴェン/ ヴァイオリンソナタ『春』
ブラームス/ ハンガリー舞曲 第1,4,5番
グラズノフ/ サクソフォーン協奏曲 他

◆◇2019 / 3 / 23 (土)
@カーサ モーツァルト(東京、原宿駅より徒歩3分)
[開演時間、入場料]詳細未定
[出演]伊藤晃(Sax、Pf)、竹内愛未(Pf)
[プログラム] ベートーヴェン/ ヴァイオリンソナタ『春』
モーツァルト/ ヴァイオリンソナタ 第29番
ブラームス/ ハンガリー舞曲 第1,4,5番
グラズノフ/ サクソフォーン協奏曲 他

◆◇2019 / 12 / 1(日)
開演時間 詳細未定
サクソフォーン科発表会vol.5
@MUSICASA(代々木上原より徒歩2分)
[出演] サックス科生徒の皆さん(ピアノ伴奏 伊藤晃)、本間修治(パーカッション)、栗林美智瑠(司会)
[曲目]詳細未定
[チケット]入場無料

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

♬ハウスムジーク音楽教室 サックス科

〈東京都内、方南町にてレッスンしています〉

教室ページへは右上のリンクからどうぞ!

(東京メトロ丸ノ内線「方南町」より徒歩8分、京王線「代田橋」より徒歩11分「笹塚」より徒歩15分、「新宿」「渋谷」よりバスの利用も可能でアクセス良好!)

完全予約制、マンツーマンのプライベートレッスン!

出張レッスンも行っております。

※毎回ご都合の良いスケジュールを組んでいただけます。

※趣味で習われる方
月2回コース¥8000〜9000(45分×2回)
月3回コース¥10000〜11000(45分×3回)
※本格的に学ばれる方
1レッスン一律 ¥5,000(1〜2h程度)

詳細は教室ページにてご覧ください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

♬演奏ご依頼承ります。
下記のメールフォームよりお気軽にご相談下さい。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクール

連休はヤマハのレッスン漬けでしたが、唯一オフだった連休最終日は自宅にてレッスンをしました。
一般の吹奏楽団に所属され、年に何度かはるばる栃木県からレッスンに受けに来られる方です。


バレンタインが近いという事もあり、ボディクリームを戴きました。カモミールの匂いでとっても癒されます。いつもお気遣い有難うございます(*^^*)

さて、レッスンの課題はラクールの50の易しいエチュードの8番。って全然易しい曲ではないんですけど。未だに僕もたまに練習で使用しますが、毎回納得いくまで相当時間がかかるエチュードです。テクニック的にはかなり易しいかもしれませんが、シンプルな曲過ぎてテクニックが疎かだと粗が出る、なかなか満足しない、という感じです。
そんなラクールの中で初めてスタッカートを習う生徒さんの為に書かれた曲を課題にした訳ですが、自分が高校生当時に岩田先生から手ほどきを受けた時の事を昨日のように思い出しました。
このエチュードをみっちり教えて頂いたお陰で服部師匠からはスタッカートが美しいと、お褒めの言葉を頂いた時の事も忘れません。衰えぬよう、いや、更に磨きをかけられるよう、これからも頑張りたいものです。
本物のクラシックサックスを伝授できるには、自分自身の精進が物を言うと思います。


因みにこの楽譜、後に新しく買い直したんですが、高校の先輩が使っていらした譜面なんです。表紙には先輩の名前(モザイクがかっているところ)とか、はたまたその更に先輩のサイン入りです。笑
三代に渡って(?)使っているって何か不思議ですよね~(^^;;人生って縁だなって思います。

とにもかくにも昨日の生徒さんが本物のスタッカートを手に入れかけているのが嬉しくて堪りません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。